香川県にお住まいで外壁塗装を検討している方必見!おすすめの外壁塗装業者をランキング形式でご紹介!

外壁塗装業者を選ぶ際にチェックするべきポイントについて解説!

公開日:2022/07/15

大切なマイホームにより長く住むため、住宅のメンテナンスとして大切なのが「外壁塗装」です。日本では、10年ごとの外壁塗装が推奨されており「そろそろ外壁塗装をしたい」と考えている方も多いでしょう。

そこでこの記事では、外壁塗装業者を選ぶときにチェックするポイントを解説していきます。ぜひ、業者選びの参考にしてみてください。

外壁塗装を依頼できる業者の種類

「外壁塗装業者」と一口にいっても、その業者の種類はさまざまです。外壁塗装業者は、ハウスメーカー、リフォーム業者、外壁塗装会社の3つに分類できます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは、外壁塗装だけでなく、住宅の建築、販売、リフォームなど、住宅に関すること全般を行っている業者です。誰もが聞いたことのあるような大手のハウスメーカーなら、施工実績も多く、外壁塗装に関する知識も十分に持っているでしょう。

そのため、ハウスメーカーには安心して外壁塗装を依頼できます。ただし、ハウスメーカーに外壁塗装を依頼しても、実際に施工をするのは下請け業者です。そのため中間マージンが発生し、外壁塗装費用が高額になってしまいます。

リフォーム業者

リフォーム業者は、住宅リフォームを専門としている会社です。外壁塗装のほかにも、家の不具合やリフォームしたい箇所がある場合は、リフォーム業者に相談すると一気にメンテナンスができます。

ただし、リフォーム業者は、業者によって外壁塗装の技術に差があります。そのため、リフォーム業者に外壁塗装を依頼するときは、外壁塗装の実績がきちんとあるかどうか確認してください。

外壁塗装会社

外壁塗装会社は、地元に密着した小さな会社が多いです。そんな外壁塗装会社は、価格が安いというメリットがあります。外壁塗装会社の場合、その会社に在籍する職人が直接施工にあたることがほとんどです。

そのため、意思の疎通がしやすく、こちらの要望も伝えやすいでしょう。ただし、外壁塗装会社に依頼する場合は、外壁塗装の質を見極める必要があります。中には悪徳業者もあるため、十分に検討する必要があるのです。

悪質な外壁塗装業者がよく使う手口

残念ながら、外壁塗装業者の中には、悪徳業者も存在します。そのため、外壁塗装業者を選ぶときは悪徳業者でないかどうか見極めることが大切です。ここで、外壁塗装の悪徳業者がよく使う手口をご紹介します。悪徳業者を見極める判断材料にしてみてください。

外壁の状態が非常に悪いと脅してくる

外壁塗装の悪徳業者は、外壁の状態が非常に悪いと大げさに言い、住人に不安を感じさせます。そのような悪徳業者は「今すぐ外壁塗装をしないと倒壊してしまう」「早く施工しないと取り返しがつかないことになる」などと言うので、注意しましょう。

特に、自然災害による被害があった後などに、訪問業者がよく使う手口です。外壁塗装業者が不安をあおってきたら、悪徳業者であることを疑ってください。

契約を急かしてくる

外壁塗装の悪徳業者は、契約を急かすという手口もよく使います。外壁の劣化状態を伝え「外壁塗装を今すぐしなきゃ」と思わせたうえで「今日中に契約を決めてください」と急かしてくるのです。

劣化状態を伝えられたあとは、冷静な判断ができず、その場で契約を決めてしまいそうになります。しかし、契約を急かしてくる業者は要注意です。「家族に相談しないと決められない」など理由を述べて、その場で契約をするのは絶対にやめましょう。

大幅な値下げをしてくる

「外壁塗装費用が200万円のところ半額の100万円になります」というような大幅値下げをしてくるところは、悪徳業者である可能性が高いです。そのような場合、実際に外壁塗装にかかる費用は100万円にも満たないということがほとんどでしょう。

そのため、大幅値下げをしてくる業者には注意してください。

「足場代0円」が謳い文句

悪徳業者の中には「足場代0円」を謳い文句にしているところがあります。しかし、基本的に外壁塗装の施工で足場代は必ずかかります。なぜなら足場の設置は、施工する職人の命を守るものでもあるからです。優良な外壁塗装業者の中には、足場代が数十万円するところも少なくありません。そのため、足場代0円と謳っている業者は悪徳業者である可能性が高いでしょう。

外壁塗装の耐用年数が現実的ではない

悪徳業者の中には「うちの外壁塗装は半永久的にもつのでメンテナンス不要です」などと言うところがあります。しかし、外壁塗装には必ず耐用年数があり、10~15年に一度は塗り替えが必要とされています。そのため、半永久的に外壁塗装が持つということはありえないのです。

半永久とは言わなくても、50年などと現実的ではない耐用年数を言ってきたら、悪徳業者であることを疑いましょう。

外壁塗装業者を選ぶ際にチェックするべきポイント

ここからは、外壁塗装で失敗しないために、業者を選ぶときのポイントをお伝えします。

複数の業者で見積もりをとる

外壁塗装の依頼をするときは、必ず複数の業者で見積もりをとりましょう。一社でしか見積もりをとらないと、その見積もり額や施工内容が適切か否か判断できません。そのため、必ず複数の業者で見積もりをとってください。

建設業許可や資格があるかどうか確認する

依頼したい外壁塗装業者に、建設業許可や資格があるかどうかを確認してください。なぜなら外壁塗装は、資格がなくてもできる仕事だからです。しかし、優良な外壁塗装業者は、建設業許可がおり、外壁塗装に関する資格を有した職員が在籍していることが多いです。

そのため、建設業許可や資格があるかどうかを見ることは、立派な判断材料になります。

工事現場を見学できるか聞く

外壁塗装の悪徳業者は、施工中に手抜きをする可能性があります。そこで、工事現場を見学できるか聞いてみましょう。悪徳業者だった場合、手抜き現場を見られてしまうため、何かと理由をつけて断ってきます。工事現場の見学を断られた場合は、手抜き工事をする悪徳業者である可能性が高いです。

保証内容を確認する

外壁塗装にも、保証やアフターフォローがあるはずです。依頼する業者の保証やアフターフォローが充実しているかどうか、事前に確認しておきましょう。

質問の返答がきちんとしているか確認する

外壁塗装業者を見極めたいときは、外壁塗装に関する質問をいくつか投げかけてみましょう。悪徳業者は、外壁塗装に関する知識が乏しいことが多く、何か質問をしてもあいまいな返事しか返ってこないことが多いです。

優良な外壁塗装業者は知識も技術も持っているため、何か質問をしても丁寧に返してくれるでしょう。

 

外壁塗装業者を選ぶときのポイントをご紹介しました。外壁塗装は、大切な家に長く住むために欠かせないメンテナンスです。そして、決して安くはありません。しかしそんな外壁塗装を餌に、手抜き工事で高額な費用を請求してくる悪徳業者が存在します。ここでご紹介した外壁塗装業者を選ぶポイントを参考にしながら、優良な外壁塗装業者に依頼しましょう。

【香川県】おすすめ外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名LEO SHIELD(レオシールド)北村塗装店リメイクハウスホームサービス株式会社川田建装
おすすめポイント経験と実績が豊富!ドローン撮影で見えない部分の状態も確認できる。自社保証とメーカー保証のW保証。外壁のプロが徹底的に診断してくれる外壁塗装専門のショールームを設備、丸亀市で顧客満足度がNO1の外壁塗装業者徹底された勉強会や研修を実施。年間で400棟の塗装実績を誇る外壁塗装業者地元密着型の外壁塗装業者。代表自ら塗装・施工管理を担当
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索