香川県にお住まいで外壁塗装を検討している方必見!おすすめの外壁塗装業者をランキング形式でご紹介!

外壁塗装の塗り替えを行うべきタイミングについて解説!

公開日:2022/08/15


家のメンテナンスとして大切な外壁塗装。しかし、外壁塗装の塗り替えをいつすればいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。とくに「ある程度年数は経ったけれど、外壁が劣化したように見えない」という場合は、なおさら外壁塗装の塗り替え時期に迷うでしょう。そこでこの記事では、外壁塗装の塗り替え時期について解説します。

外壁塗装の塗り替え時期を逃すとどうなる?

家の外壁塗装、塗り替え時期がわからずにタイミングを逃すとどうなってしまうのでしょうか?

外観が悪くなる

外壁塗装の塗り替え時期を逃すと、外壁の汚れや劣化がそのままになるため、外観が悪くなってしまいます。お客さんを迎えるときも、外観が悪い家の印象を持たれてしまいます。そして外壁塗装の塗り替えを行わずに外観が悪いままだと、外壁塗装の悪徳業者に狙われやすくもなるのです。

外壁の劣化が進む

外壁塗装の塗り替えをしないと、外壁そのものの劣化が進んでしまいます。外壁塗装は、見た目を綺麗にするのはもちろん、外壁を保護したり、防水性を高めたりする目的があるのです。見た目はそんなに劣化していないように見えても、外壁は時とともに必ず劣化してしまいます。そのままにしておくと、外壁にヒビが入ってしまったり、耐久性が落ちてしまったりします。

雨漏りが起きる

外壁塗装の塗り替えを行わずに劣化をそのまま放置すると、防水性が落ち、雨漏りを起こします。雨漏りは生活にも悪影響を及ぼすため、早急に修理が必要です。しかし雨漏りの修理は外壁塗装工事よりも高額になることが多く、外壁塗装工事をしたほうが安く済んだというケースがほとんどでしょう。

外壁塗装の塗り替えを行うべきタイミング

上述したようなトラブルを避けるためにも、外壁塗装は適切なタイミングで塗り替えたいですよね。ここで、外壁塗装を塗り替えるタイミングを確認しておきましょう。

大きな目安は築10年

外壁塗装の塗り替え時期として大きな目安となるのが、築10年です。外壁塗装の耐用年数は、塗料によって異なります。中でも一般住宅で多く使われているのはウレタン塗料とシリコン塗料で、ウレタン塗料は5~10年、シリコン塗料は8~15年が耐用年数とされています。

そのため、一般住宅では10年前後が塗り替え時期とされているのです。ただし、10年という年数はあくまで目安のため、外壁に次のようなサインが見られた場合は、外壁塗装を検討する必要があります。

外壁が色あせてきたとき

外壁は、何年も紫外線を浴びると、塗膜が色あせてきます。外壁がなんとなく色あせてきたと感じるときは、外壁の劣化がじわじわと進んでいる証拠です。

艶がなくなってきたとき

色あせとともに、紫外線や雨風の影響で、塗面の艶がなくなってきます。これも外壁の劣化に繋がるため、注意して見てください。

コケが生えてきたとき

外壁にコケが生えてきたときは、塗膜の防汚性能が落ちてきた証拠です。外壁塗装を検討してもいいでしょう。

外壁を触ると手が白くなるとき

外壁を触ると、手に白い粉がつきませんか?それは、塗膜成分が劣化して白い粉になったものです。この現象を「チョーキング」といい、なるべく早めに外壁塗装の塗り替えをする必要があります。

塗膜が膨れたり剥がれたりしているとき

塗膜が膨れたり、剥がれたりしているときは、すでに塗膜が外壁から剥離してしまっています。早急に外壁塗装の塗り替えが必要です。

外壁がひび割れを起こしているとき

外壁のひび割れは「クラック」と呼びます。劣化の度合いによってクラックは小さいものから大きいものまでありますが、0.3mm以上のクラックを「構造クラック」と呼び、早急に外壁塗装の塗り替えをしなければいけません。

シーリング材に亀裂が入っているとき

サイディング外壁の継ぎ目のことを「シーリング」といいます。このシーリング材に亀裂が入っているときは、外壁の劣化がかなり進んでいる証拠です。放っておくと亀裂から雨水が侵入する可能性があるため、早急に塗り替えが必要です。

外壁塗装の寿命を延ばすためには?

外壁塗装の塗り替えが大切なことはわかりました。しかし、決して安いとは言えない外壁塗装。なるべくメンテナンス回数は減らしたいですよね。そこで、一回の外壁塗装の寿命を延ばすポイントをご紹介します。

日ごろから外壁を点検する

日ごろから外壁の点検をしましょう。するとちょっとした劣化に気づき、部分補修などで済むことがあります。また、こまめに掃除をして落とせる汚れは落としてあげることも大切です。

地域や環境に合った塗料を選ぶ

家がある地域や周辺の環境に合わせた塗料を選びましょう。たとえば、海の近くなどで外壁が汚れやすい場合は、防汚性に優れた塗料を、紫外線が強い地域の場合は、色あせが進みにくい塗料を選ぶのがおすすめです。

優良業者を選ぶ

外壁塗装をより長持ちさせるためには、業者選びが非常に重要です。優良業者を見極めるときは、相場に近い適正価格か、見積書の内訳がきちんと記載されているか、外壁塗装工事についての説明がきちんとあるかどうかをチェックしましょう。

まとめ

外壁塗装の塗り替えタイミングについてご紹介しました。外壁塗装は、家のメンテナンスの中でも大きな工事が必要となり、敬遠しがちな方も多いでしょう。しかし、外壁塗装の塗り替えタイミングを逃すと、水漏れなどが起き、外壁塗装よりさらに大規模な工事が必要になってしまいます。家の外観はもちろん、性能もより長く保つため、適切なタイミングで外壁塗装の塗り替えを行いましょう。

【香川県】おすすめ外壁塗装業者ランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名LEO SHIELD(レオシールド)北村塗装店リメイクハウスホームサービス株式会社川田建装
おすすめポイント経験と実績が豊富!ドローン撮影で見えない部分の状態も確認できる。自社保証とメーカー保証のW保証。外壁のプロが徹底的に診断してくれる外壁塗装専門のショールームを設備、丸亀市で顧客満足度がNO1の外壁塗装業者徹底された勉強会や研修を実施。年間で400棟の塗装実績を誇る外壁塗装業者地元密着型の外壁塗装業者。代表自ら塗装・施工管理を担当
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧